startmokujisaisin

商品案内
補聴器・WHT-201
超小型装着拡声機
ヘッドホン型助聴器
骨伝導補聴器
ケータイ型助聴器
骨伝導クリアボイス
iB-700
707-S 画像
テレビ用コードレススピーカー
テレビ用携帯スピーカー
補聴器よりよく聞こえる みみ太郎
みみもとホン ピュア
パイオニア フェミミ
介護補聴器・HD-10
イヤホース・コンパクト・ジュエリー
イヤフォースコンパクト
イヤーフォース・EF-25M
みみもとくんHG
難聴用 大サイズ 低価格 電話機
テレアンプ・UA-45/50
特殊プラグアダプター・PA-01C
TW
MBC-201
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
なめそ
Links
mobile
qrcode
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
骨伝導ヘッドセット(HG40SIN-TH/ HG40SIM-TU/ HG40SAN-TBT)
 骨伝導機器の日本市場はテムコジャパン社の骨伝導補聴器「きくちゃん」によって開かれたと言えます。これはそのテムコジャパン社の骨伝導ヘッドセット(携帯電話やパソコンで使用されるヘッドホンとマイクロホンが一体となった商品)です。
尚、「きくちゃん」以前にも「響き」や眼鏡型骨伝導補聴器はありましたが、販売台数は多くなかったようです。

 このヘッドセットには次の3種類あり、目的に合わせて選択出来ます。

   HG40SIN-TH:携帯電話用(8,300円)
   HG40SIM-TU:パソコン用(8,500円)
  HG40SAN-TBT:コードレス(9,800円)

 骨伝導ヘッドセットが通常のヘッドセットやイヤホンマイクに比べて優れている点は次の3つです。

1.耳穴を塞がないので、ヘッドセットを外さなくても周囲の音や声が通常通り聞こえる。
2.難聴の人にも聞こえやすい(伝音性難聴の方に有効であり、感音性難聴には適しません)
3.難聴者(伝音性)にも聞こえる。

 購入の前に知っておくべきことは、3機種とも充電が必要なことです。一般的なイヤホンマイクは携帯電話機等、組み合わされる機器の音声出力で十分聞こえるのですが、骨伝導スピーカーのドライブにはもっと大きなパワーが必要だからです。

 また、 HG40SIN-TH は平型ジャックの携帯電話機用、HG40SIM-TUはパソコンにUSBジャックが必要(殆どのパソコンが備えています)、HG40SAN-TBTは Bluetooth が搭載されていなければなりません(Bluetooth が搭載されている機器なら携帯電話機やパソコン以外でも使えます)。

 この商品以外にアダプターを使用すれば携帯電話機で使用できる骨伝導ヘッドホンも有りますが専用に造られた本機はの方がスリムで軽快、価格も手頃です。

 尚、細身の骨伝導スピーカー部は肌に押しつけられるので、馴れるまでは少しきつく感じるかもしれません。
posted by: なめそ | 商品解説 | 00:40 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:40 | - | -









この記事のトラックバックURL
http://nameso.jugem.jp/trackback/26
トラックバック
2007/10/11 5:18 PM
ヘッドフォンヘッドフォン、ヘッドホン(''headphones'')とは、再生装置や受信機から出力された電気信号を、耳に接近したスピーカーを用いて音波(可聴音)に変換する装置である。ステレオホンとも呼ばれる。通常、コネクタ|ジャックとプラグを用いて機器と分離できるよ
音響・カラオケ関連ワード