startmokujisaisin

商品案内
補聴器・WHT-201
超小型装着拡声機
ヘッドホン型助聴器
骨伝導補聴器
ケータイ型助聴器
骨伝導クリアボイス
iB-700
707-S 画像
テレビ用コードレススピーカー
テレビ用携帯スピーカー
補聴器よりよく聞こえる みみ太郎
みみもとホン ピュア
パイオニア フェミミ
介護補聴器・HD-10
イヤホース・コンパクト・ジュエリー
イヤフォースコンパクト
イヤーフォース・EF-25M
みみもとくんHG
難聴用 大サイズ 低価格 電話機
テレアンプ・UA-45/50
特殊プラグアダプター・PA-01C
TW
MBC-201
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
なめそ
Links
mobile
qrcode
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
製造者によるダイレクト販売への兆し?
ここのところホームページ検索の話が続いてしまうが、
Google の激変から1年、漸く少しだけ状況が分かってきた、といっても打つ手はあまり無い。

昨年6月頃、ホームページによる売り上げが突然激減した。原因は Google のペンギンアップデートであることは明らかだった。そのため、この一年様々な方法を試みたが成果は殆ど上がっていない。 広告にもかなりの費用を当てたが効果は少なく、しかも広告を止めるとすぐに販売も落ち込むという状況である。このため今は、広告に金を掛けるのは止める方向で模索している。

このような中で、ネット小売店の低迷の大きな原因が Google の大企業優先であると強く思う様になった。このことはかなり前から感じてはいたのだが、様々な試みの結果、今ではそれしかないと感じている。

現在、Google の上位に検索されるサイトの多くが、大手或いは有名企業のサイトである。これらの有名企業サイトは販売はあまりしていない。そして、小さな販売サイトの多くは消費者に見つけられ難い下位ページにうようよとある。
商品名で検索すると小売店も上位に表示される、しかしそれらの多くはアマゾンや楽天に出店している店であるから、これも大手というべきだろう。
インターネットの発展を牽引したのが小さな販売サイトであることを思うと複雑な気持ちである。

なぜこうなったかを想像するのは難くない。
Google は販売サイトを下位にすることで広告費を得やすいに違いない。売り上げを増やすためには販売店は有料で広告を出さざるをえないからだ。つまり Google に広告費が入る。
ところが販売店は星の数ほど在るのに、広告枠は限られている。そのため広告費は高騰し Google は更に儲かる。
広告費が高騰すると小さな販売店にとって広告費の負担は大きく、結果大手企業に有利となる。これが現状だろう。

弱小ネット販売店の屁理屈かもしれないが、Google のこのやり方は間違いではないだろうか。
というのは、インターネットの黎明期、多くのポータルサイトが販売業者の排除を行ったがために消えていった。排除された、販売店こそがインターネットの主役だったのだから。
だから、現在の Google による大手企業優先はネット販売の発展を阻害しないだろうか。広告費を払えない小さな販売店は淘汰される可能性が高い。

ただ、この現象は製造者によるダイレクト販売への兆しかもしれない。
 
ホームページへ
 
JUGEMテーマ:ネットショップ
posted by: なめそ | おしゃべり | 11:13 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 11:13 | - | -
今、”難聴” ”補聴器” でGoogle検索してみたら1ページ目にでてきましたけど・・
Macを使っているからでしょうかね?
AppleとGoogleの仲は良くないそうですから。
Windowsでは時々目にするおしゃれな「Google」のロゴ
Macでは全然ですもんね。
| kankan | 2014/07/21 10:39 AM |
「難聴」と「補聴器」の二つのキーワードでは例え Windows でも一ページ目に表示されます。
このこと自体は悪いことではないのですが販売者としては「補聴器」だけで上位表示が欲しいのです。「難聴」と「補聴器」の二つで検索される方は少ないのです。
| なめそ(管理人) | 2014/07/21 1:23 PM |









この記事のトラックバックURL
http://nameso.jugem.jp/trackback/320
トラックバック