startmokujisaisin

商品案内
補聴器・WHT-201
超小型装着拡声機
ヘッドホン型助聴器
骨伝導補聴器
ケータイ型助聴器
骨伝導クリアボイス
iB-700
707-S 画像
テレビ用コードレススピーカー
テレビ用携帯スピーカー
補聴器よりよく聞こえる みみ太郎
みみもとホン ピュア
パイオニア フェミミ
介護補聴器・HD-10
イヤホース・コンパクト・ジュエリー
イヤフォースコンパクト
イヤーフォース・EF-25M
みみもとくんHG
難聴用 大サイズ 低価格 電話機
テレアンプ・UA-45/50
特殊プラグアダプター・PA-01C
TW
MBC-201
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
なめそ
Links
mobile
qrcode
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
補聴器選択範囲が広いインターネット販売
 補聴器を利用している人は補聴器購入者の2〜3割と言われています。
これは身近に難聴者がいる方なら十分うなずけるというか、これでも水増しデータと感じるかもしれません。

 利用しない理由は簡単、補聴器の装着が不快だからです(そもそも装着とか装用などという大げさな言葉自体、快適でないことを感じてしまいます)。それでも2〜3割の人に使われているのは、会話が出来なければ、或いは音が聞こえなければ困る人だからでしょう。大して困らない人は使わない方が快適なので外してしまうようです。
(日本は欧米に比べ補聴器の装着率が低いそうです。本当の原因は分かりませんが、日本の社会は聞こえなくても欧米社会ほど困らない好ましいものなのかもしれません。)

 補聴器は何故不快なのか。
それは耳穴に異物(イヤホン)を押し込まれるのが不快ということもあるかもしれませんが、最大の原因は音の不快さに違いありません。イヤホン自体が不快の主因なら携帯音楽プレヤーがこれほど普及する筈はありません。

 人の耳は環境雑音を驚くべき能力で排除しながら音を聞いています。しかし補聴器を使うと、この能力が失われるのです。失われるのは補聴器が自然と同じ音場を耳穴内に再現出来ないからです。「人の耳は雑音と言葉を区別できるが、補聴器は区別できず一様に増幅するので煩い」という説明をよく聞きますが、この説明が多分に欺瞞的なのは少し考えればすぐ分かる筈です。また、人の耳の構造を研究して造られた「みみ太郎」の音が自然の音に大変近いことからもそれは明かです。みみ太郎も健聴者の聞こえにはまだまだ遠いのですが、他の補聴器に比べれば大変大きな違いがあります。

 環境雑音には、悪酔いのような悪感を誘発する低音雑音、神経を疲れさせる高音雑音、耳に痛いパルス性雑音等があります。
環境雑音の他に、騒音の中では言葉を聴きとれない、近くの音しか聞こえない、音の方向が分からない、というような問題もあります。このような能力も補聴器を使うと失われるのです。

 話しが外れますが、近くの音と遠くの音があまり違わない大きさで聞こえる耳に似た特性は目にも有ります。例えば、伸ばした手の先に持った五円玉の穴の中に月は入って見えます。私たちにはもっともっと大きく感じる月ですが、そう見えるのは脳が補正して感じているからだそうです。

 月の模様は近視と乱視で、眼鏡をかけてさえ視力の低い私にも複雑な模様がかなり見えます。しかし、五円玉の大きさの中にあの模様を描いても月ほどには見えないのではないでしょうか。
このように人体器官の能力はすばらしいのですが、補聴器を使うとこの優れた能力が機能しないのですから残念です。しかし、目の能力は眼鏡をかけても失われません。

 補聴器において最大の消費者利益は、眼鏡並に人体機能を損なわず快適に使える補聴器が出現することでしょう。これを少しでも早く実現するためには、メーカーが消費者のために良い商品の開発に力を入れる必要があります。そのためにはユーザーによる補聴器の選択が不可欠です。
選択のためには多くの機種を試聴する必要がありますが、近所のお店では難しいのではないでしょうか。インターネットなら気軽に試せます。
 
JUGEMテーマ:健康

 
posted by: なめそ | 補聴器のインターネット販売について | 21:36 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:36 | - | -









この記事のトラックバックURL
http://nameso.jugem.jp/trackback/60
トラックバック
2008/07/16 9:11 PM
テレビの声が聴こえた途端、涙が出たといった感動的な感想や体験談が寄せられています。ご参考までにどうぞ。
みみ太郎体験談